心療内科 精神科

tel:049-293-9151

  • TOP
  • 社交不安障害・あがり症

社交不安障害・あがり症

社交不安障害・あがり症はどんな病気?

あがり症

社交不安障害は、顔見知りの人との会話、人前でのスピーチ、就職活動などの面談、会社で電話を取る、会食やパーティなどの参加、といった人から注目を集める場面において、強い不安や緊張が出てしまう病気です。 不安の他には、動悸、震え、吐き気などの症状や、頭が真っ白になる、赤面するといったこともあります。 人前でまた症状が出るのではないかという不安から、対人場面を回避するようになることもあります。

社交不安障害・あがり症の症状

  • 人前で声が震える
  • 人前で手足が震える
  • 顔がこわばる
  • 人と話すと緊張して、ドキドキしてしまう
  • 緊張を強いられる場面を避ける

社交不安障害・あがり症の治療方針

社交不安障害の治療は薬による治療と考え方の癖を修正する認知行動療法という治療を行います。 薬が必要な場合はSSRIと呼ばれる抗うつ薬を使用したり、抗不安薬と呼ばれる緊張を和らげる薬などを使用することがあります。

社交不安障害・あがり症でお困りの方へ

社交不安障害では、電話をとることや人前で話したり文字を書くことにも緊張感があり、ひどい場合では家から出ることにまで恐怖心を抱いてしまうことがあります。このような症状は薬の使用や考え方の癖を修正することで徐々に改善することができます。ご家族の方やご自身でこのような不安感や症状に気づかれた方はぜひ一度医師に相談をしてください。