心療内科 精神科

tel:049-293-9151

  • TOP
  • ゲシュタルト療法について

ゲシュタルト療法について

ゲシュタルト療法とは

ゲシュタルト療法とは

ゲシュタルト療法は「今、ここ」での気づきを大切にする体験的な心理療法です。
「今、ここ」の現時点に表れている「未解決な問題」に焦点を当て、気づきを促すアプローチをとります。そのなかで、本来の自分の感情や欲求に気づき、自分自身を満たし、サポートできる方法を身に着けることを目指します。
「ゲシュタルト」とは「全体性」「完結」「統合」という意味を表すドイツ語です。「人間が物事を知覚するとき、個々に無関係な存在として知覚するというよりは、意味ある全体として統合して知覚する傾向を持っている」というゲシュタルト心理学の考え方に由来しています。そのほかにも、精神分析、現象学・実存主義といった哲学、禅などの影響を受けています。
日本の臨床心理学の中ではまだあまり認知されていませんが、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアなどでは盛んに取り入れられています。近年は日本でも広がりつつあり、また認知行動療法やクライアント中心療法をはじめとしたさまざまな心理療法に、ゲシュタルト療法を取り入れたアプローチが導入され、臨床場面での有効性が示されています。心理療法の一つの源流ともいえるアプローチです。

気づきの3領域

ゲシュタルト療法では、気づきを3つの領域に分けてとらえます。


① 内部領域の気づき:
自己の世界(身体=精神)への気づき。呼吸、筋肉、姿勢、動作などの身体的な側面と、感情、気持ち、気分、精神、心を含めた精神的領域。うれしさは身体で感じられ笑顔で表現されるように、心で感じることは体にあらわれる。

② 外部領域の気づき:
現実の世界への気づき。見て気づく(視覚)、音で気づく(聴覚)、触れて気づく(触覚)、においで気づく(嗅覚)、味で気づく(味覚)。

③ 中間領域の気づき:
思考や想像、知識など脳のプロセスで起きている領域への気づき。物事を解釈したり判断する、過去を思い出す、未来について想像するなど。現実(外部領域)と心身(内部領域)の中間にあることからこのように呼ぶ。


私たちは社会の中で教わった価値観やルール、知識、情報に基づいて生きています。また、自分自身についても「私はこういう人間だ」という自分のイメージ・概念を持っています。そうすることが適応的に、安全に世の中で生きるために必要であると学んだからです。
ですが、そのような中間領域の世界にあまりに偏ってしまうと、自分自身や、他者、世界に触れることが難しくなってしまいます。現代人は、特にその傾向が強いといえます。たとえば、“怒りを表現することは危険で、認められないことだ”と幼いころに家族や学校で学んだ子どもは、大人になってもそのルールを守って生きます。そして、たとえ理不尽だと思う状況に陥っても、怒りを表現することができません。それどころか、「怒りを感じる自分はダメな人間だ」と自分を責めるかもしれません。
本来、怒りは自分を守るための自然な感情であり、エネルギーです。確かに幼いその時、その環境では怒りを表現することは危険だったのかもしれません。しかし、大人になった今は自分で自分の身を守ることができ、怒りを表明する権利があるのです。そのことに気づけば、理不尽な場面にも適切に対処できるようになります。

未解決な問題

「未解決な問題」とは、過去に十分に欲求を表現できずに抑えたり、傷ついたり、自分の中で消化できないままになっている体験のことを指します。現時点の問題や症状は、しばしばこの「未解決な問題」が時間と空間を超えて存在し、「今、ここ」の出来事に対しても過去の体験のパターンに戻ってしまうことから起きていると考えます。
実際の面接場面では、安心・安全を感じられる環境の中で「未解決な問題」を「今、ここ」で再体験するという形で触れていきます。そして、その時に心残りや後悔として未完了になっていたことを「今、ここ」で表現することで完了していきます。完了することで、現在の問題に囚われることが少なくなっていきます。
人間はある欲求に気づくと、それを満たすために行動し、充たされ、また次の欲求が生まれるという循環が自然に起きます。しかし、「未解決な問題」は欲求が満たされないまま中断され、いつまでもそれが引っかかった状態といえます。ゲシュタルト療法では、その自然な循環のリズムを取り戻していくともいえます。

エンプティ・チェア

ゲシュタルト療法では、空の椅子に特定の人物や症状などを置いて対話する「エンプティ・チェア」という技法を用いることがあります。気になっている人間関係や症状、自分の中で対立する葛藤などを空の椅子に置き、自分の感じていることを表現します。また空の椅子のほうに座り、相手や症状、葛藤に“なる”ということもします。
エンプティ・チェアを用いることで、過去の問題を「今、ここ」で再現することができます。また、もう一方の椅子に座り、それに“なる”ことで、新たな視点での気づきが生まれます。それらを繰り返していくことで、その両極に対話が生まれ、「統合」「全体性」に向かっていきます。